search
archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

子どもの成長と教育

小学校入学前の子どもを幼児と呼びます。
この時期の子どもたちは五感が急激に発達する時期で健全な成長を促すのにとても大事な時期です。
この時期に幼児教育を行い成長を促すことは想像力や感受性を育てるうえでも非常に大事と言われています。
そのため幼児教育を行うための様々な幼児教材や幼児教室があります。

幼児教材では絵本や音を使ったものが多く家庭でも子どもの興味や成長に合わせて取り組めるような工夫がなされています。
また幼児教材のいいところは家庭でできるため親子で幼児教育に取り組むことができる点にあります。
親子で取り組むことで子どもの興味、集中力はさらに高まります。

ほかの幼児教育の方法としては幼児教室に通うという方法もあります。
幼児教室は子どものみが指導者のもとで学習に取り組むことが多く、より専門的な幼児教育を行っていることが多いです。
幼児教室では同じ年代の子どもが通うことで子ども同士の競争心も刺激され、家庭で幼児教材を使った教育とはまた異なる効果も期待できます。

幼児教育で大事なことは大人がどんなに優れた幼児教材だと思っても、大人がどんなに子どものためになると思う幼児教室でも、子どもが興味を示さなければ効果が半減してしまうことです。
これが幼児教材や幼児教室を選ぶときに気をつけなければならない点です。
子どもの興味の対象は月齢や性格によっても全く異なります。
そのためどの子どもにも同じ幼児教室や幼児教材が適しているわけではありません。
その子どもにあった教室、教材選びで大事な時期の幼児教育を行いましょう。

イチ押しリンク

Bookmarks
Archive